xymax

ENTRY

新卒採用

採用活動を通して、社内活性化

毎年、グループ内でプロジェクト発令がなされ、「人事だけの力でなく、周りを巻き込み、みんなでいい学生を採る!」 というコンセプトのもと始まる新卒採用活動。

わたしたちの採用活動のこだわりは、「一人ひとりの学生と向き合って、熱い想いと時間をかける」ということ。 表面的に会社の事業や仕事を知ってもらうだけではなく、互いを理解しあうために、じっくり向き合って話をする。 どんな想いで働いている社員がいるのか、何を大切にしている会社なのか、それを知ってもらうために、さまざまな社員に登場いただき、いろんな仕事観に触れてもらう。 それが、『飲みながら』になることも多く、ときに、社員同士で議論が白熱しすぎるあまり、学生そっちのけになるなんてことも…。

また、2001~2003年当時、人材関連企業に勤務され、ザイマックスの採用のサポートをされていた現ザイマックス商業不動産サポート事業部の田中智之さんは 「採用のお手伝いをしているうち、企業風土と濃い人財の宝庫である環境に魅せられ、いつのまにか自らも、ザイマックスグループに入社してしまっていました(笑)」とのこと。

それくらい、新卒採用というのは、採用する学生にだけではなく、それに関わる社員にもたらす影響も大きいのです。 昨年のプロジェクト結成時にも、プロジェクトメンバーを前に、グループ代表の島田さんから、 「新卒採用には、仲間を採ることと同じくらい、社内の活性化という大きなミッションがある」というお言葉がありました。 採用活動を通して採用担当者が成長したり、関わった社員がより元気になる、それが、ザイマックスグループ流の新卒採用なのです。

ENTRY