xymax

ENTRY

経営理念

原点であり、受け継がれていくもの

経営理念とは、事業を遂行するための基本的価値観と目的意識と言われており、 わたしたちは何のためにこの会社に集まっているのか?ということを言葉にしたものといってもいいかもしれません。

ザイマックスグループの経営理念は、2006年に誕生しました。 それまでも「空間価値創造企業」という言葉を掲げたり、「愛情経営」の経営スタイルという言葉はありましたが、新しい会社の仲間入りによって体を大きくしたこの時代、それぞれの文化が融合しあう中で、グループを結びつける理念を「言葉」にしようと、今の理念ができ上がりました。

ザイマックスグループ経営理念

新しい事業モデルの創造によるリーディングカンパニーへの挑戦

私たちは、新しい社会に役立つビジネスを創出する「創業者精神」を大切にしています。そしてその「リーディングカンパニー」であることに挑戦し続けます。

働く人が元気であり続ける経営の実践

私たちは、ともに働く「人」の元気を生む集団であり続けます。そのために、働く「人」それぞれが、自立した職業人であることを大切にしています。

それまでとはまったく新しいものに仕上がったわけではなく、ザイマックスグループ設立前から創りあげてきた歴史の中で、 「創業者精神」のような大事にしてきた想いがあり、それを整理し、検証することで、「私たちは何者なのか」「何を大事にしてきたのか」 を改めて言語化したわけです。

中でも特徴的なのは、「株主の皆様に~」とか「お客様主義~」とか、世の中多くの会社が掲げる社会貢献を意識した内容ではないこと。 「働く人の元気」を生み、みなが「いきいき」と仕事をすることが、ひいてはお客様の、社会のためになるという信念に基づくものです。

とどまることなく変化し続けるグループ、と同時に、いつの時代も変わらずに私たちの中に生き続ける精神、受け継ぎたい想いが、ここに記されています。

ザイマックスグループ経営理念

新しい事業モデルの創造によるリーディングカンパニーへの挑戦

私たちは、新しい社会に役立つビジネスを創出する「創業者精神」を大切にしています。そしてその「リーディングカンパニー」であることに挑戦し続けます。

働く人が元気であり続ける経営の実践

私たちは、ともに働く「人」の元気を生む集団であり続けます。そのために、働く「人」それぞれが、自立した職業人であることを大切にしています。

ENTRY